食欲抑制剤であるサノレックスを使用する際の注意点を守ろう

食欲抑制剤として医師から処方してもらうことがあるサノレックスについては服用する際に注意点があるのではないでしょうか。サノレックスに対してアレルギー反応を起こしたことがある人はもちろんのこと、薬に対してアレルギー反応が出たころがある人持病がある人妊婦さんに関しては注意して服用する必要があり、場合によっては服用してはいけないということもあります。

 

服用ができない人もいる

サノレックスに関して言えば服用すると何らかの影響が出ることがありますので、服用するための条件と言うのがどうしても出てきます。緑内障の人が服用してしまうと眼圧が上昇してしまったり、心障害の人はそれが悪化してしてしまいますし、肝臓や腎臓に重度の障害がある人は代謝や排せつ物が遅れてしまいます。

妊婦さんや妊娠をしている人の場合はお腹の中の赤ちゃんに影響が出る可能性がありますので、出来るならば服用しないほうがいいでしょう。持病がある人や妊娠をしている人がサノレックスを服用したいというのであれば必ず医師に伝えるようにしてください。

 

使用期間を守る必要がある

サノレックスは依存性がありますので、医師から指定されて期間を必ず守ってください。せいぜい服用期間と言うのは1か月から3か月までになります。さらに服用を続けたいというのであれば、服湯機関から半年程度期間を空けてから服用を再開することになります。継続したいのであれば医師と相談してから決めてください。

 

注意して使用する必要がある

心障害や肝障害、腎障害などの持病がある人や妊婦さんは食欲を抑制してくれる薬であるサノレックスを服用しないほうがいいでしょう。使用をするのであれば服用期間の1か月から3か月を守るようにしましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. 食欲抑制剤として医師から処方してもらうことがあるサノレックスについては服用する際に注意点があるのでは…
  2. せっかく食欲抑制剤としてサノレックスを飲むのであれば、適切な飲み方をしてやせるようにしたいものです。…
  3. サノレックスと言うのは食欲抑制剤に当たるわけですが、どういうところで手に入れることができるかどうか気…
  4. 食欲抑制剤としてのサノレックスはダイエットを目的にしている人や肥満症の治療を行っている人に取ってはう…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP