食欲を抑える薬として認知されている食欲抑制剤のサノレックスについての情報をまとめていきます。

食欲抑制剤のサノレックスは食欲を抑える薬

食欲抑制剤であるサノレックスの副作用としてどういうことが起きるのか?

更新日:

食欲抑制剤としてのサノレックスはダイエットを目的にしている人や肥満症の治療を行っている人に取ってはうれしいものですが、注意して使っていかなければいけないです。

副作用が起こるケースと言うのもありますので、服用する際には十分に注意を払っていく必要があります。具体的にサノレックスの副作用はどういう症状が見られるのかということについて紹介していきます。

『SIDEEFFECT』

口の渇きが見られる

サノレックスの副作用の報告の中で一番多いのが口が渇くという症状です。これは鎮痛剤や風邪薬でも起こる症状です。口の渇きとつながって引き起こしやすい症状が水分不足からの便秘です。

口の渇きを解消するためにはしっかりと水を飲むということが大切です。

胃腸不良が起こる

副作用として胃腸の当たりの不快感を感じるというケースが見られます。ただでさえ食欲を抑制している状態で、吐き気などが起こりますと必要な食事がとれないということが起こりえます。

吐き気やおう吐などの症状が出てしまうのであれば、服用をいったん止めた方がいいでしょう。

睡眠障害が起こる

夕方以降に摂取しないほうがいいという風に言われる理由の一つは睡眠障害が起こるからです。睡眠障害は寝られない不眠症や眠気が取れない過眠症が起こります。

その他にも睡眠のリズムが悪くなっているということも起こります。睡眠について日常の生活に影響を及ぼしているのであれば、服用を中止して医師と相談してみた方がいいでしょう。

さまざまな症状が起こる

サノレックスを服用する時には副作用としてさまざまな症状が起こる可能性があります。今まで起きてこなかったことが服用することで上記の症状などが起こるのであれば、服用をやめて医師に相談するといいです。

-基本情報

Copyright© 食欲抑制剤のサノレックスは食欲を抑える薬 , 2018 All Rights Reserved.