サノレックスの成分・副作用・注意点などの紹介

サノレックスと呼ばれる食欲抑制剤はどういうものか?

ダイエットをやっていたけれども食欲を我慢することができずについつい食べすぎてしまったという経験を持つ人も多いでしょう。食べたいという気持ちに打ち勝つことは難しいものです。そういう時に食欲を我慢していればダイエットに成功しているのになあと言う後悔をしたこともあるでしょう。今回紹介するサノレックスは厚生労働省から認可された食欲抑制剤です。サノレックスと言う薬はどういうものなのかということについて解説していきます。

 

厚生労働省から認可されている薬

サノレックスと言う薬は摂食中枢を刺激することによって食欲を抑えることができる薬で、厚生労働省からも認可が出ています。外国からわざわざ取り寄せなくても手に入れることができる薬であることは間違いないのですが、クリニックに行けば誰でも入手できると言うわけではありません。

肥満症の治療を行っているクリニックであれば、医師の診察である条件を満たしていればサノレックスが処方される可能性があります。美容クリニックなどに行くと自由診療という形でサノレックスが処方されます。薬局やドラッグストアなどでは購入する事はできません。

 

国内唯一の食欲抑制薬

サノレックスは厚生労働省から認可されている国内唯一の食欲抑制薬で、肥満症の人が治療目的で使用したり、ダイエット目的で使用したりします。食欲を抑制してくれるとなると嬉しいという風に思う人もいるかもしれませんが、めまいや口の渇き、動悸、睡眠障害、便秘などの副作用などが出る場合がありますので、医師の指示の下で服用を行う必要が出てきます。

食欲が抑えられますので、我慢できずに食べてしまうということを防ぐことができ、食事を減らせない人に効果があります。サノレックスだけでなく運動療法なども組み合わせながらダイエットに励むというのが一番良さそうです。3か月以上継続して服用するとなると依存性が強くなりますので、それ以内に効果が出てきて服用をやめるのが理想的です。

薬局やドラッグストアなどで購入できるダイエットサプリとは全然違います。サノレックスは医療用医薬品ですので強い効果がありますし、副作用も強くて使用上の注意をしっかりと守らなければ何か起こるということもあり得ます。それだけ注意して使用する必要があるということが言えます。

 

夜更かしをしないということが大切

せっかくサノレックスを使用しているのに夜遅くまで起きているとついつい食べ物に手を伸ばしてしまうということもあり得ます。夜食を摂取すると言うのは何よりもダイエットによっても全然よくないことです。睡眠中は食欲を抑えることが可能ですので、サノレックスの効果を最大限に高めるためにも早めに寝るように心掛けましょう。

 

炭水化物を控える

ダイエットをしている時と言うのはパンやごはん、麺類などの炭水化物をなるべくならば控えた方がいいでしょう。その理由として炭水化物は中毒性があって食べすぎる傾向があるからです。食べ過ぎてしまったらかえって太る傾向にありますので、サノレックスを食前に服用して食欲を抑えるような形で食事をとるというのが良さそうです。

 

サノレックスは食欲抑制薬である

サノレックスは厚生労働省から認可されている国内唯一の食欲抑制薬です。この薬は医師から処方されたうえで手に入れるものですので、誰でも手に入るというわけではありません。サノレックスを効果的に使うためにも夜更かしをせずに、炭水化物を抑えるということが重要になります。

ピックアップ記事

  1. 食欲抑制剤として医師から処方してもらうことがあるサノレックスについては服用する際に注意点があるのでは…
  2. せっかく食欲抑制剤としてサノレックスを飲むのであれば、適切な飲み方をしてやせるようにしたいものです。…
  3. サノレックスと言うのは食欲抑制剤に当たるわけですが、どういうところで手に入れることができるかどうか気…
  4. 食欲抑制剤としてのサノレックスはダイエットを目的にしている人や肥満症の治療を行っている人に取ってはう…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP